初めて生ビールを飲んで美味しいと思った体験談

私の父親はお酒が全く飲めない人で、私は20歳を過ぎるまでお酒を殆ど飲んだことがありませんでした。
我が家では唯一お正月にポートワインをおちょこに一杯飲むことだけ許されていたのです。
父はお酒に弱いだけではなく女性が外でお酒を飲むことに関して良い顔をしない人でした。

そんな私がお酒の味を知ったのは、大学のサークルに入ってからでした。
私はロックが好きで大学のサークルでバンド活動をしていて、学祭の打ち上げに参加した時に初めて水割りなるものを飲みました。
その時は別に美味しいと思わなかったのですが、当時はチューハイなどというのものはなく、ビールは割高だったので、水割りが主流だったのです。

新卒で会社に入社してからも、飲み会といえば水割りでした。
カラオケボックスなどというものはなかったので、スナックのカラオケで水割りを飲んで酔っ払うことを覚えたのです。
私にとって青春時代は「水割り」と共に過ごしたと言って良いでしょう。

仕事を始めて5年が過ぎ、会社でも段々と責任のある仕事を任せて貰える様になりました。
関連会社との決算を引き受ける様になり、仕事が終わって会社の会議室で開かれた「懇親会」に出席できる様になったのです。
その際に会場にあったのは、水割りではなく樽に入った生ビールでした。
私は乾杯の時に初めて樽生ビールを飲んだのですが、その美味しさで目が回りそうになりました。
水割りのアルコール臭さと水臭さとは違い、生ビールの香りの良いこと、のどごしの良いことで、ショックを受けたのです。
こんなにおいしいお酒が世の中にあるとは知らず、随分人生損をしてきたと一瞬のうちに感じました。

グラスに一杯飲んで、「是非もう一杯飲みたい!」そう思った時に、上司から「女の子は飲んでいないでお酌して!」と言われました。
そこで私は後ろ髪を引かれる様にテーブルを離れてお酌をして回りました。
1周回って戻ってきた時には、樽生ビールはすっかりカラになっていて、ほろ酔い気分の上司や関連会社の人達に水割りを作る係にされました。
そして「仕方がないから水割りでも飲んでいくか」と思った瞬間、「女の子、後片付けよろしく」と言われてしまったのです。

私はそれ以降生ビールの虜になり、飲み会に出席するとまず生ビールを注文する様になりました。
しかしあれ程美味しい生ビールに滅多にお目にはかかっていません。
それはきっとあの日、あの一杯だけで終わったせいもあるのだと思います。
あの時酔っぱらう程飲んでいればこんなにビール好きにはならなかったでしょう。
今日も私は友人と生ビールを飲みに出かけます。

お酒は飲んでも飲まれるな、を肝に銘じることになったあの日の失敗

成人になり、お酒が飲めるようになったとき、私はとても嬉しかったです。我が家は父親がアルコールに強く、子供の頃から酔って陽気になっている父を見ていて、楽しそうでうらやましかったのです。

早く私もお酒を飲んでみたい。そう思って大人になる日を心待ちにしていました。

そして晴れて20歳の誕生日を迎え、ちょっとずつお酒を飲み始めました。私は父譲りでお酒に強い体質だったようで、飲んでも酔っぱらうこともなく、父と同じように陽気になる自分を発見しました。

お酒を飲むってこんなに楽しいんだ、というのが分かって、同じく成人を迎えた友人たちと居酒屋に行ってわいわい飲んでいました。

私が飲酒しても顔色がほとんど変わらないのを見た友人たちが、「お酒強いんだね、すごいね」と言ってくれるのがまた嬉しく、調子に乗って飲んだものでした。

さて、そんな調子に乗っていた私は、自分のことをずいぶん過信していたようです。

ある日、友達と楽しく飲んでいた帰り、父親から連絡がありました。近くで飲んでいるので合流しないかと誘われたため、快諾したのです。

父は会社の同僚と一緒でしたが、私もその人たちを以前から知っていたため緊張することもなく、自然に輪の中に入りました。

会社の同僚の方々も私が成人しているのを知っていますから、お酒をすすめてきます。

私が日本酒など強いお酒でもけろっとして飲んでいるのを見て、その人たちにも「いい飲みっぷりだねぇ」なんて言ってくれました。

私はますます気分がよくなり、どんどんお酒の量を増やしていきました。それは明らかに今までの飲酒量を超えていたのですが、私はお酒が強いから大丈夫と思って気にしませんでした。

そう、気にならなかったのです。その時は。ただただ楽しく陽気になるだけでした。

いい気分で父と帰宅すると、母は呆れ顔。父だけではなく娘まで酔っぱらって帰るなんてとため息をついていました。その日は夜遅かったのでそのまま眠りにつきました。

翌朝、尋常じゃない気持ちの悪さで目が覚めました。経験したことのない胃のむかつきと頭痛でした。

これが噂に聞く「二日酔い」というやつか、と自覚しましたが、自覚したところで気持ちの悪さが治るわけでもなく、しばらく布団の中で苦しんでいました。

母が起きてこない私の様子を見に来て気づき、またため息をつきました。「女の子がこんなになるまで飲むなんて」という一言とともに。

それからどうにも気持ち悪さに耐えきれずトイレに駆け込み戻しました。それを2~3回繰り返すとようやく気分が少し良くなってきました。

その日はバイトが入っていたのですが、とても仕事できる状態ではないと判断し、体調不良で休ませてもらいました。本当に申し訳なかったです。

自分を過信しすぎて調子に乗って飲んで二日酔いになり、挙句の果てにバイトまで休む羽目になり、心底反省しました。

それ以降はあの夜の失敗を繰り返さないように、ほどほどでやめるようにしています。あれから20年近く経ち、アラフォーになりましたが、お酒の失敗はあの一回だけです。

二日酔いになると自分もつらいし、周りにも迷惑をかけるので本当に気を付けようと思いました。

「酒が残るようになった」肝機能は人気の肝臓サプリで回復する!

夜の世界~飲んでも飲まれるな~

これは自分が20代前半の頃のエピソード。

高校を卒業して地元の工場に就職した俺はあまりにもブラックすぎる会社だったためにすぐ辞めたくなりました。

辞めてすぐしたいこともこれといってなかったし貯金も無く露頭に迷うことは明白だったからとりあえず貯金をしまくることにしました。

そして毎日苦痛に耐え目標額を達成し速攻で退社し新たな人生のスタートを切ったのです。

したいことが無い、でも金はある!ということで思い切って県内の中でも1番の某S市に上京??しました。

したいことはそのうち見つかるさ的な感じだったのでのらりくらりニート生活を謳歌してました(笑)

でもそんな生活もすぐに飽きてきてそろそろ何か始めようかなと思いはじめて携帯(当時はガラケー)で仕事を探すことに。。。

前が工場でもくもく作業だったから次は人と関わる仕事を!そしてせっかく都会に移住したし何か華やかなことを!と思い、気づくと自然な流れで夜の世界の求人をチェックしてました(笑)

今思えば自分で応募するなんて結構勘違い野郎でしたね(;´・ω・)

そんなこんなで数ある店舗の中で1店舗を選び抜きそこの求人担当のかたとアポを取り面接へ!

実際に待合わせ場所で合流しお店に行くまでは超ドキドキでした(笑)夜の男たち!なんていうドキュメンタリーはテレビで何回も観たことはあったけどまさか自分がやるとは思ってもなかったです(*_*;

そこのお店はリニューアルオープンを控えているらしくそれに向けてのメンバー募集とのことで面接を終えて即採用!すぐに出勤の流れとなりました。こ

ういう世界はよっぽどのことが無い限り不採用にならないって知るのはまだ先のことでした(笑)

こうして超絶人見知り・お酒もそんなに飲んだことが無い田舎者のホスト人生が始まったのです。

初出勤の日はこれがテレビで見た世界かーとかやば!女の子こえー!とかそんなんばっかり思ってました(-_-;)

少しづつ話せるようになってきたり仕事も覚えて来たころに事件がおきました。自分を指名して通ってくれる女の子がその日はやけに張り切ってノリノリで来店してきたのです。

とりあえずビール!から始まり色々なお酒を浴びるほど飲み最後はとどめのシャンパン2本(・_・;)

ある程度「俺酒つえーじゃん!」なんて思ってた頃にパンチをくらった気分でした(笑)

そこのお店はその日1番売り上げを作ったホストが最後にカラオケを一曲歌うという決まりだったのですがそんなころには完全にダウンして店のソファで吐きまくっていたところで記憶がプツン!

気づくと完全に夕方で他の従業員は誰もいなく吐しゃ物にまみれたただの田舎者が残されてました(笑)

この日生まれて初めて酒につぶれるということを経験しました。

その日からは酒は飲んでも飲まれるなを教訓にたしなんで

バーテンダーが見た、お酒の失敗成功談

現在は主婦をしておりますが、以前バーテンダーをやっていました。女性でバーテンダーは珍しいのかもしれませんが、私のいたお店ではボスのひとりも女性で、二割ほどが女性バーテンダーでした。バーといっても、静かな雰囲気ではなく、飲めや踊れやの大騒ぎ系でした。
仕事が仕事ですので、毎日がお酒にまつわることとなります。そこで見た聞いた話など一つお届けしようかと思います。

まずよくあるような失敗談や迷惑な話から。
酔って寝てしまうこと、よくあります。しかしここは飲んだりステップを踏んだり喋ったりする場なのです。床にへたり込んで寝てしまった大学生くらいのお兄さん、何としても起きないし、お仲間グループに「出ていくか起こすかしてくれ」と頼んでも、そっちはそっちでお楽しみ中。そこに虫の居所が悪かった支配人がやってきて、寝ているお兄さんを羽交い絞め! 文字通り摘まみ出してしまいました。ちなみに一緒に来たお兄さんは結局寝たままの彼と共に去っていきました。
少ないお金で長く遊んでいたい、浸っていたい、よくある話です。しかしこちらとしては飲食店なので、回転重視でございます。チェイサーを頼んでばかりいると、目立ちますよ。しかも毎週のこととなれば……それぞれの許容量もありますが、時々は新しいドリンクを頼んでくださいね。
これは珍しい話かもしれません。あるお若い二十代男性、ウイスキー・オン・ザ・ロックばかり頼んでベロベロ。見かねてチェイサーを差し出しても笑ってごまかすだけ、楽しんでいた店内は物々しい雰囲気で、女の子が怖がって逃げ出してしまいました。ここまではよくある話です。しかし先輩に話を聞くと、彼はここいらの有力者の息子で坊ちゃんだから無下にできない、と衝撃の発言がありました。結局途中からやってきた支配人手ずから丁重にお引き取り願っていました。お若い方の酒の失敗はよくあるものですが、肩書や背景によっては周りが手を出せないもの。よく学び取りました。

反対に成功談? です。
上に記した通り、音楽も流れて踊れるようになっている場所です。腰を据えてのお喋りには少し向きにくい場所でもあります。ところがやってきたナンパ待ちの雰囲気の女の子二人組、つまらないのかお喋りを始めました。聞けば喫茶店でだってできるような話で、注文した飲み物には少し口を付けただけ……かわいい女の子たちなので周りも声をかけたいのですが、こういうお喋りに夢中になっている女の子に割って入れる人は少ないものです。しかし確実に口をつけられていくお酒に加え、大好きな音楽が流れて、夢中で飛び跳ね始めました。楽しそうな二人を見て、ある白人グループのハンサムが声をかけたのです。そして、楽しくなっているうちに外国人イケメンが声をかけてくれたのを好機と、一緒になって遊び始めたのでした。お酒の魔力と、外飲みの良さの合わせ技を見た気持ちでした。

皆さん、お酒には失敗もたくさんありますが、こんな風に願った以上の出会いを得る良いきっかけにもなります。楽しく飲んでいれば、いい人見つかるかもしれませんよ。

私たち夫婦にとって酒はかすがい!

私たち夫婦は二人ともお酒が大好きです。他のお宅話を聞いていると、どちらかはお酒が大好きだけれどももう一方は全く飲まない、というご夫婦が意外と多くいることに気付きます。

早く食卓を片付けたいのにいつまでも晩酌していてイライラするなどというママ友の話を聞く度に、我が家その点でははとても平和で感謝しなければいけないのだと思います。

まだ子供が生まれていなかった頃、夫が仕事から帰ってくると毎日3時間ほどチビチビとお酒を飲みながら色々な話をしたものです。

今日一日の出来事やテレビ番組の感想、今度はこんなおつまみを食べてみたい…など、話が尽きることなんてありませんでした。

時季に合わせて二人の好みのお酒を購入し、それに合うおつまみを作るのがとても楽しみでした。

子供達が生まれてからはさすがに3時間、という訳にはいきませんが、それでも毎日二人で一緒にお酒を飲み今日一日の出来事を話します。

きっとどちらか一方がお酒が飲めなかったとしたら、もっとケンカが多くなると思いますし、毎日がとてもつまらないものになってしまうでしょう。

子供達は二人とも高校生になり、夕食を終えればそそくさと自分の部屋に引き揚げて行ってしまいますが、そこからが私達夫婦の時間です。

普段はキッチンに立つこともない夫ですが、晩酌の時は別です。お酒のお代わりをする時は、相手のグラスにまだお酒が残っているかお互い確認をし、キッチンに立った方が相手の分のお酒もグラスに注ぐのです。

相変わらず今日一日の事を話し、子供達の事を話し合う、そんな時間を毎日持つことができるのは幸せなことなのだと思います。

お酒で程よく緊張がほぐれた状態でいろいろ話す事で、お互いとても良いストレス解消になっているのでしょう。

他所のご夫婦と比べてもケンカも少ない方の様ですし、ケンカをしていても、夕飯が始まってお酒を飲み始めると何となく仲直りしています。

世間にはお酒を飲むと暴力をふるったり、愚痴っぽくなったりする人もいると言いますが、私達夫婦はどちらも陽気なお酒で、それも良い方に働いていると思います。

子育てもそろそろ卒業に近づいているこの頃、周りのママ友達との間で近い将来にやってくる夫婦二人だけの生活について話す機会が増えています。

ご夫婦で同じ趣味を共有しているご夫婦は、これからは子供の事を考えずに夫婦で楽しむ事ができると楽しそうに話してくれます。

同じ趣味を持たないご夫婦の中には、ご主人と二人でどう過ごせばよいのか分からないと困惑気味なママ友もいます。

育児と同じくらいの年月をこの後夫婦で過ごしていくことを考える時、お酒が大好きという気持ちを夫と共有する事ができるのは非常に大きなことなのでしょう。

年をとっても夫婦で晩酌を楽しんで、仲の良い夫婦でいられることができればと思います。